大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

公開日: 更新日:

「2ケタ勝利と2ケタ本塁打」を達成したばかりのエンゼルス・大谷翔平(28)。今度は史上初の規定打席(502)と規定投球回(162)の同時到達に注目が集まっている。

 エ軍のレギュラーシーズンは残り50試合。大谷の打席数は465で、残り37に迫っているが、問題は投球回数111回(11日現在)。フィル・ネビン監督代行の方針通り、中5日の登板で、残り9試合に6イニングずつ投げれば、165イニングとなり、ダブルでの規定数クリアとなる。

 二刀流ならではの偉業とはいえ、ここにきて大谷が疲弊しているのは明らかだ。ベーブ・ルースの記録に並んだ9日のアスレチックス戦では打球がすねに直撃し、痛みをこらえながら投げ続けた。7敗目を喫した3日のアスレチックス戦では右前腕部のけいれんを訴えて代打を送られた。最近は自打球も増えており、大谷の両足はあざだらけ。満身創痍でグラウンドに立ち続けているのだ。

■「さっさと休んで」が本音

 しかし、すでにエ軍はポストシーズン進出が絶望的。メジャーではレギュラーシーズン敗退が濃厚な場合、ベテランや故障リスクの高い選手を来季に備えて休ませることは珍しくない。大谷は消化試合でも最後まで全力を尽くそうとしているだけに、ヤンキース、メッツ、ドジャースといった金満球団が「故障しないか」と気を揉んでいるという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま