元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

森保Jの“不動心” イケメンDF谷口彰悟の「原点」を大津高時代の恩師が明かす

公開日: 更新日:

平岡和徳(熊本・大津高総監督)

「いやぁ、ホッとしましたね。正直、プレッシャーが相当かかっていたので」。7月に行われた東アジアE-1選手権。2戦目の中国と引き分け、崖っぷちに立たされた森保ジャパンは27日の韓国戦を3-0で勝利し、9年ぶりの王者に輝いた。国内組のみの急造チームをDFリーダーとして統率した谷口彰悟は、安堵感を吐露すると同時に11月に迫ったカタールW杯開幕に向けて気を引き締めた。「W杯の最終予選でも重要局面で失点ゼロに抑え、E-1も優勝して、谷口の実績は確実に上がっています。W杯本番に出られるかどうかは森保一監督次第ですけど、彼のビルドアップ能力は欧州組DF陣に勝るとも劣らない。チャンスはあると思います」。熊本・大津高時代の恩師・平岡和徳総監督が、絶大な信頼を寄せるイケメンDFの原点を探った。

 ◇  ◇  ◇

■行き交う人が振り返る美形一家

 ──谷口と最初に会ったのは?

「小学6年の時です。先輩のテニス指導者の自宅に息子のサッカー仲間として遊びに来たのが谷口でした。『端正なマスクだなあ』というのが第一印象でした(笑)。今の雰囲気を幼くしたような感じ。本当に誠実な子なので『彼が真っすぐに成長して大津高に来てくれればいいな』と思ったのは確かです」

 ──その4年後、彼は熊本ユナイテッドSCから大津にやってきました。

「中学3年の時には熊本県で優勝し、九州大会にも出ていました。谷口の同期が5~6人ごっそりと大津高に入り、1年後には車屋紳太郎(川崎DF)も加わり、本当に強いチームだった。2人とも普通科で文武両道を地で行く生徒でしたね」

 ──谷口の家族は?

「姉が100メートルハードルの全国王者、兄が進学校のスピードスターのイケメンFWというアスリート3きょうだい。彼は末っ子ですね。全員が整った面立ちをしており、姉と谷口が熊本市内の繁華街を歩いていると行き交う人が振り向くといわれたほど。今、お姉さんは競輪選手と結婚して息子がサッカーをやっているので、将来的にはぜひ大津高で育てたいと思っています(笑)。ご両親も誠実なお人柄で美男美女。非の打ちどころのないご一家だと思います」

 ──谷口には欠点はないんでしょうか?

「それは地元記者にも聞かれたことがあるんですが、頭に浮かばないんですよね(笑)。凡事徹底を忘れずに1日.24時間をきっちりとデザインする力も高く、それが年々ブラッシュアップされている印象。やはり家庭の教育方針が良かったのかな、と感じます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された