原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(64)がついに決断した。11日の中日戦で中田翔(33)に「第91代・4番」を任せたのだ。

 その新4番は1回2死三塁から中日・松葉の9球目を捉え、先制の中前適時打を放った。

 中田は前日10日、中日の守護神R・マルティネスから決勝ソロを放つなど3安打。好調をキープしていた。昨年の巨人移籍後は初の4番となり、「4番はチームの勝敗を分けるところ。(日本ハムでは)うまくいかなければ4番を外されることもあった。でも自分を信じてやるしかない」と意気込んだ。

 一方、原監督が前日に「問題はやっぱり4番。乗り切れないね」と苦言を呈した岡本和真(26)は3年ぶりに4番から外れ、「6番・三塁」で出場。3打数無安打に終わった。巨人、広島で打撃コーチなどを歴任し、岡本和の育成に尽力した内田順三氏がこう言う。

「巨人の4番は特別な打順。本来は4番のまま乗り越えて欲しかった。今の岡本はボールを迎えにいってしまっている。私は原監督の下で長くコーチを務めていましたが、こういう時は岡本を監督室に呼んで懇々と諭しているはず。中田を二軍に落としたり、非情采配に驚きはありません。ただ、6番で起用するくらいなら、3試合でいいから時間が欲しいところ。古い話になりますが、私が広島の打撃コーチだった頃、往年の4番・山本浩二さんがスランプになると、古葉監督は『1カードやるから体を作り直せ』と3試合スタメンから外し、リフレッシュさせた。この間に特打やアメリカンノックで下半身を鍛え直してナイターではベンチに入る。2年連続2冠王の岡本に3日間だけ復活の時間を与えて欲しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま