大谷翔平104年ぶり「2桁勝利&2桁本塁打」達成も…サイ・ヤング賞はスプリットの精度次第

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)が日本時間10日、敵地オークランドでのアスレチックス戦に10勝目をかけて登板し、六回4安打5三振無失点で今季10勝目を挙げた。打っては日本人メジャー通算700号となる25号アーチを放ち自らを援護。ベーブ・ルース以来104年ぶりに、メジャーで「2桁勝利&2桁本塁打」を達成した。

 ◇  ◇  ◇

 今季の大谷は、昨季決め球にしていたスプリットを減らし、スライダーを多投。7敗目を喫した前回8月4日のアスレチックス戦では99球中61球がそうで、今季のスライダーの比率は全投球の35.9%に達した。メジャーでは肘の故障を招くとされる球種を多投することにも本人は「一番、効果的な球なので」と意に介さない。

 米メディアからも特定の球種に頼り過ぎることで故障を懸念する声が上がっている。大谷が周囲の声に耳を傾けず、スライダーを多投している理由は今季序盤、スプリットの制球が定まらなかったからだ。

 これは大谷も開幕前から織り込み済み。過去の経験から本拠地アナハイムをはじめとする各球場の気象条件を熟知しているのだろう。季節によって球種を投げ分けているそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声