阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

右脇腹を痛みを耐え抜き…3試合の雨天中止と敗戦処理の立場が奏功した

公開日: 更新日:

 横浜移籍1年目の開幕直後、右脇腹を痛めたときはつらかった。

 最初にブルペンで肩をつくるときは、あまりの痛さで涙が出そうになったくらい。1カ月近くの間、痛みに耐えながら投げていた。

 それでも離脱するわけにはいかなかった。巨人で結果を出して移籍したわけではないし、二軍でリハビリをさせて欲しいと言ったが最後、二度とチャンスは回ってこないかもしれないと思ったからだ。打者ひとりに四球を与えて終わった前年のような悔しい思いはしたくなかった。

 さすがに試合中のブルペンで痛めたときは首脳陣に言わないわけにいかなかったけれども、それ以降は何も言わなかった。言わないどころか、あえて何事もなかったかのように振る舞った。

 ただし、ツキはあった。広島市民球場で脇腹を痛めてから、横浜に戻って中日戦。その後、甲子園の3戦目から再び横浜に戻ってヤクルトとの2戦目までの計3試合、雨で中止になった。トータルで約1週間、ブルペンで投げずに済んだのは救いだった。

 敗戦処理だったことも幸いした。右脇腹を痛めた広島との3連戦が終わってから5月末まで、チームは17勝14敗。そこそこ調子が良かったがゆえに、あまり出番が回ってこなかったのは運が良かった。登板は週に1回くらいのペースだったから、痛みに慣れてきたというか、痛みと共存できたように思う。仮に連投を強いられるようなことがあったら、右脇腹痛に耐えられなかったかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声