新庄監督「続投‼」で日本ハムは試用期間終了 来季はBIGBOSS自身がトライアウトに臨む番

公開日: 更新日:

 むしろ、「そりゃそうだ」と受け止めた者が多かったのではないか。

 9日付のスポーツ報知で「続投が確実になった」と報じられた日本ハム新庄剛志監督(50)。同紙の「新庄続投‼」という記事によると、「借金18で最下位ではあるが、常識にとらわれない采配をしながら選手の見極めを進める姿勢などが球団に評価され、続投が決まった」とある。

■「話し合いもしていない」

 この報道に即座に反応したのが当の本人。同日、自身のインスタグラムに、続投を報じるネット記事の写真を貼り付け、「球団の評価は嬉しいですが、残り試合の選手の成長によっては来年監督続投はまだ未定です」と否定。試合前の報道対応でも「まだ(球団と)話し合いもしていない」と火消しにやっきだった。

 新庄監督は昨年の就任会見時、「球団からは10年契約を打診された」と前置きし、「でも複数年契約は甘えが出る。一年一年勝負をしようと。来年はここにいないかもしれない」と、自ら1年契約を申し出たと語っていたが、1年契約をうのみにしていた球界関係者は皆無。球団が16年ぶりに球界復帰した“スター”を1年で放り出すわけがなく、「優勝にはこだわらない。今季1年はトライアウト」という新庄監督の方針を認めたのも、2年目以降の契約ありきだろう。

 新庄監督もすでに来季以降も続ける気は満々。今秋のドラフトについて「投手も野手も捕手も、即戦力を取りたい」と話し、メッツ傘下3Aの加藤豪将を「ドラフトで取りたい」と具体的な選手名も挙げている。さらに「来年は優勝しか考えていない。あ、1年契約でした」などと本音をポロリ。実際は長期契約が既定路線である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも