阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

公開日: 更新日:

 宜野湾キャンプのブルペンで、大魔神・佐々木主浩の投球練習を真後ろから見たときのことだ。

 なにより、コントロールがいい。ストレートを両サイドにきっちりと制球していたが、それ以上に驚いたのがフォークボール。あれだけフォークが鋭く落ちるのを見たのは初めてだった。

 近鉄時代に見た野茂英雄のフォークも良かったけれど、同じフォークでも質が異なる。

 野茂のフォークは回転している。回転しているから、打者はまさか落ちるとは思わない。ストレートだと思って振りにいくものの、振ったらフォークかよと、そんな感じだと思う。

 そこへいくと佐々木のフォークは、ベースの手前でいったん止まって落ちるイメージ。打者からするとボールが突然、消えたかのように思うのではないか。ブレーキがかかって、急にストンと落ちるのだ。

 大魔神は「自分は先発ピッチャーの家族も養っている気持ちで投げている」と話していた。

 例えば、先発がリリーフの助けを借りて2ケタ勝つ。先発の給料にも大きく影響するのがクローザーの仕事だという話は他球団の投手からも聞いたことがある。けれども、先発の家族まで養っているつもりで投げているという話を聞いたのは初めてだったから驚いた。佐々木はつまり、それくらいの気持ちで投げていたということだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま