渋野日向子“ジェットコースターゴルフ”の真骨頂! 予選落ち続き一転、全英女子最後までV争い

公開日: 更新日:

【全英女子オープン】最終日

 無念の1打差だった。

 首位に5打差、通算9アンダー発進の渋野日向子(23)は、3年ぶり2度目の全英制覇が期待されたが、1イーグル、3バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの71。通算10アンダーで並んだA・ブハイとチョン・インジに1打届かず3位に終わった。

 強風が吹き荒れる海沿いのリンクスでは、5ストロークの差は安全なリードではない。

 実際、14アンダーで首位スタートのブハイはスコアを4つ落とし混戦になった。

 渋野は、この混戦から脱落したわけだが、優勝のチャンスはあった。2番バーディーで通算10アンダー。3番、4番の連続ボギーでズルズル後退するかと思った。ところが、5番パー5は2オンに成功。5メートルのイーグルパットを沈め、再び10アンダーに戻す。

 9番終了時にはブハイと3打差。10番ボギーのインジとは1打差となり、優勝争いは、この3人に絞られた。

■14番・痛恨のダボ

 致命的だったのは14番のミスだ。ドライバーショットが左のポットバンカーにつかまり、第3打でピン右10メートルに乗せて3パット。今大会初のダブルボギーで8アンダーに後退する。ブハイが15番のトリプルボギーで10アンダーまでスコアを落とし、渋野が17番バーディーで1打取り戻しただけに14番の「ダブルボギー」が悔やまれる。

 それにしても、直近8試合で6度の予選落ち。不振が続いていた渋野が、メジャーで優勝争いする姿を誰が想像できただろうか。

 欧州シニアツアーに参戦経験がある並木俊明プロは、4日間渋野のプレーを見てこう語る。

「予選落ちが続いていた時はパットが悪かった。パットが入らないからショットでピンに寄せようと無理をしてミスが出る。今回はスコアを大きく伸ばした初日と3日目は28パット。初日は1番で5メートルの下りのスライスラインを決めてから勢いに乗り3連続バーディーを奪ったのが大きかった」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか