元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

森保Jの“強心臓”南野拓実の原点 セレッソ時代の恩師が明かす「高1モナコ練習参加」エピソード

公開日: 更新日:

村田一弘さん(現・東海リーグ1部FC刈谷監督)

「この素晴らしいチームで新たなキャリアを築きたい」。7月20日に新天地・モナコで入団会見を行った南野拓実はフランスでの飛躍を誓った。実はモナコというのは、彼が高校1年の冬に練習参加した縁のあるクラブ。同行したのが、セレッソU-18時代の村田一弘コーチである。「少し年上の外国人選手の中に入ったんですけど、自分から皆に握手して『一緒に練習させてもらうよ』と。遠慮しないでズカズカいくのが拓実。メンタルの強さはずぬけていましたね」。日本代表新10番の強心臓の原点を恩師の言葉から探った。

 ◇  ◇  ◇

■ゴール前でトリッキーなプレー

 ──南野と最初に会ったのは?

「セレッソU-15からU-18に上がってきた時です。私もこの年からセレッソで指導し始めたんですが、『(予測のつかない)トリッキーな(プレーをする)子がいる』という話を聞いていた。実際に見てみると、点を取るために鋭く反転したり、細かい技術を発揮できていた。確かにゴール前ではトリッキーでした。ただ、そこだけに特化し過ぎていて守備が課題だった。中盤でチャンスをつくり、もう一回ゴール前に出ていく仕事も足りなかったですね」

 ──本人も「U-18時代は守備を徹底的に学んだ」と話している。

「体の小さい日本人は、積極的に前線に顔を出していかないと通用しない。守備を含めてハードワークができる力が必要ということで大熊さん(裕司=現横浜F・マリノスアカデミーダイレクター兼ヘッドオブコーチング兼ユース監督)、藤野(英明=現横浜F・マリノスアカデミー・フィジカルコーチ)の下、組織的に取り組んだんです。拓実は海外に行きたいという気持ちが強かったせいか、フィジカルに凄く興味を持つようになった。素走り、コーディネーション、筋トレなどバランス良く鍛えようと意欲的に取り組みましたね」

 ──成長度合いは?

「高1の時は『守備に追われて攻撃に行くパワーが残っていない』とボヤくこともありましたが、『それでもやるんだよ』と言い続けて頑張らせました。彼は理解力が高く、吸収も早かったので、全てのフィジカル的な数値が平均値よりかなり上。スピードも敏捷性もあるし、ヘディングもメンタルも強く、ピッチ上でのずる賢さもあった。トータルで高かったです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声