札幌市議57人が「招致推進会議」設立 東京五輪汚職疑惑の逆風下なぜ今? 参加者を直撃

公開日: 更新日:

 2日、2030年冬季五輪の招致に乗り出す札幌市に新たな動きがあった。

 市議の有志57人が、「招致推進会議」を設立。国際五輪委員会は早ければ10月ごろから開催地の絞り込みを始めるようだが、タイムリミットに向け、道民、市民の理解を得られるよう取り組んでいくという。

 折も折、五輪招致には強い逆風が吹いている。元電通専務で東京五輪大会組織委員会の理事を務めた高橋治之氏と、大会スポンサーである紳士服大手「AOKIホールディングス」を巡る2.3億円の金銭授与問題が発覚。東京地検特捜部は受託収賄容疑で捜査しており、逮捕は秒読み段階ともいわれる。

 市議たちはなぜ、このタイミングで「招致推進会議」を設立したのか。参加する自民党の伴良隆市議は日刊ゲンダイの取材にこう言った。

「昨秋ごろから準備していて、本当はもっと早く設立するつもりでしたが、参議院選挙なども重なり……。立ち上げるだけなら招致賛成派の市議だけでやればいいのですが、反対派を切り捨ててしまうのは違う。意見を交換しながら、緻密に計画を進めていました。その件(高橋氏の金銭問題)にかぶせようとは全く考えてもなかった。五輪招致に反対の声があることは知っています。ただ、市民と接する機会が多い我々にしかできないこともある。すぐに招致プロモーション委との情報交換を進めていきます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景