ボロボロだった渋野日向子が突然“豹変”したワケ 全英女子8バーディー単独首位発進!

公開日: 更新日:

【全英女子オープン】第1日

 同一人物とは思えない完璧に近い内容だった。

 直近8試合で6度の予選落ちとスランプに苦しんでいた渋野日向子(23)が、出だしの3連続を含む8バーディー、2ボギーの65をマーク。2019年大会の覇者が、女子の全英初開催となった名門リンクスで6アンダー単独首位の好スタートを切った。

 現地時間朝7時30分ごろ、1番ティーに立った時は雨が降っており、気温12度、南西の風4メートル。体にカイロを貼り、両手には防寒手袋をはめていた。リンクス特有の厳しい荒天が心配されたが、ミュアフィールドでは難しいといわれる1番で、微妙なタッチが要求される7メートルの下りスライスラインのバーディーパットを沈めて勢いに乗った。

 雨がやんだ2番は2.5メートルのフックラインを読み切りカップイン。3番はピン手前10センチにつけるOKバーディー。3ホールで3アンダーまでスコアを伸ばす。4番の3パットボギーは直後の5番パー5でバウンスバック。9番パー5も2オン2パットのバーディーで前半32で折り返した。

 後半もティーショットが安定し、手堅くスコアを伸ばした。

 この日はスイングに迷いがなくクラブがよく振れていた。フェアウエーが硬く、ランも出たが、ティーショットの平均飛距離は261ヤード。フェアウエーを外したのは2回。曲げたとはいえファーストカットで2打目に大きな影響はなく、名物のポットバンカーには一度もつかまらなかった。

 予選落ちが続いた最近は、ショットを曲げることを怖がり、スイングが小さくなり飛距離も落ちていた。グリーン上でも弱気なパットが目立ち、予選落ちばかり気にして持ち味である攻撃的なプレーは影を潜めていた。それが突然の大爆発だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  2. 2
    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

    阪神次期監督への“注文”が早くも現場やOBから…鳥谷敬氏の持論には賛同の声あがる

  3. 3
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  4. 4
    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

    巨人フロントが温める原監督の“解任”条件 ファンは退陣求めるも自ら辞める気サラサラなし

  5. 5
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  1. 6
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  2. 7
    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

    2022年ドラフト高卒選手の「隠し球」はこの3人 “流しのブルペン捕手”がイチオシ

  3. 8
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  4. 9
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 10
    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」

    G山口俊の酒乱癖を古巣DeNAナインが証言「飲み方が汚い」