8.6開幕!夏の甲子園大会「完全予想」初戦で残る・散る高校は?【対戦表付き】

公開日: 更新日:

 6日に開幕する夏の甲子園大会の組み合わせ抽選会が3日に行われ、初戦の対戦相手が決まった。今センバツを制し、「1強」といわれる大阪桐蔭は旭川大高と対戦。新型コロナウイルス集団感染と判断された九州学院、有田工、帝京五、浜田の4校を含む3試合を第8日に行う変則日程となった。初戦24試合の行方を占った。

【写真】この記事の関連写真を見る(36枚)

  ◇  ◇  ◇

第1日=6日 第1試合は145キロ右腕の好投手・盛永を擁する国学院栃木が春夏連続出場の日大三島との開幕戦を制す。第2試合は明豊が樹徳に勝つ。第3試合は昨夏、甲子園4強に導いたドラフト候補のエース左腕・森下が牽引する京都国際が一関学院を倒す。今春のセンバツは開幕直前のコロナ禍により無念の辞退。この夏は忘れ物を取りにいく。

第2日=7日 第1試合は春の中国王者の創志学園が八戸学院光星との実力校対決を制す。第2試合は愛工大名電とセンバツ8強の星稜との強豪校対決。高校野球雑誌「ホームラン」元編集長の戸田道男氏がこう言う。

「愛工大名電は愛知大会決勝で強豪・東邦を相手に18安打を放つなど、チーム打率.423の強力打線を誇る。エース左腕の有馬も最速147キロの速球やスライダーのキレがいい。星稜もエースのマーガードを中心とした好チームですが、愛工大名電が上回るでしょう」

 第3試合は鶴岡東が盈進を倒す。第4試合は近江と鳴門の好投手対決。前出の戸田氏が続ける。

「近江のエース山田は最速149キロのドラフト候補。チーム打率.419の鳴門打線も、フレッシュな状態の山田を攻略するのは至難の業でしょう。鳴門のエース左腕・冨田が今センバツで大阪桐蔭打線を3点に抑えました(1-3)が、近江は昨夏4強、今センバツ準優勝。打倒・大阪桐蔭を掲げているだけに、総合力で上回ると思います」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景