「弱くもならなけりゃ強くもならない」凡庸なベテラン増加で思い出した元栃錦の毒舌

公開日: 更新日:

 昭和の終わり頃の名古屋場所だった。記者クラブで春日野理事長(元横綱栃錦)を囲んだ時、あるベテラン力士が出場回数に関する記録を達成したことが話題になった。

「大したもんだよ」

 記事に理事長の評価を入れようと次の言葉を期待した。ところが──。

「これだけ長く取っていて、弱くもならなけりゃ強くもならないんだからなあ」

 春日野理事長は、若い記者にも菓子を勧めながら気さくに話してくれる人で、江戸っ子らしい毒舌も吐いた。

 記録を作った力士は30歳を過ぎていた。4年前、31歳だった妙義龍に「今の時代、30はベテランじゃないでしょう」と言われて時代の違いを感じたものだが、先の名古屋場所では、幕内42人のうち20人が30歳を越えている。20年前の2002年名古屋場所は40人中13人、40年前の1982年は38人中10人だった。

 スポーツ医療やトレーニング、体のケアが進歩した。年寄名跡の不足など引退後の不安があって、長く続けたい力士が多い。興行面でも、若々しい「鉄人」玉鷲のようなベテランは重要な存在だ。

 自分はそれ以上にならなくても、経験や技は若手の関門になる。昔から十両や幕下上位には、したたかな「番人」がいた。

 初土俵の平均年齢は40年間で16歳4カ月から、19歳6カ月になった。中学在学中に力士になれる制度はとうに廃止され、中学卒も激減したからだ。大学・高校の相撲経験者が増えて出世が早いせいか、新入幕の平均年齢はさほど変わらない。ただ、彼らにも足踏みする力士はいて、現在の幕内の13人は新入幕が25歳を過ぎていた。

 これらの数字は限定的な比較だが、同じような傾向は、長いファンなら感じていると思う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?