大谷“死守”し80億円節約に成功も…今オフもトレード争奪戦必至、失態続きのGMにエ軍再編の重責

公開日: 更新日:

 トレード市場の目玉だったエンゼルス・大谷翔平(28)の残留が決まったが、チームは他の主力を一斉に売り出すファイアセールに踏み切った。

 日本時間3日のトレード期限最終日に先発右腕シンダーガード、外野手マーシュの2人をフィリーズ、守護神イグレシアスをブレーブスにそれぞれ放出した。エ軍は見返りとして各球団の若手有望株3人を含む5人の選手を獲得した。

 大谷のトレードを見送ったミナシアンGMは「特定の選手の契約に関する話はしないが、我々はショウヘイが大好きだ。ショウヘイは毎日準備をして、フィールド内外でも素晴らしい。こんな選手にはエンゼルスでプレーしてもらいたいが、この先どうなるかは(状況を)見ていくしかない」と話した。

 大谷を巡っては、ヤンキース、メッツ、ドジャース、マリナーズなど10球団以上がエ軍に譲渡を打診したとみられている。今季中のトレードは消滅したが、ヤンキース、メッツといった資金力豊富な球団が関心を寄せていることから、一からチーム編成に着手する今オフは、大谷の争奪戦が再燃するのは必至だ。スポーツ専門局ESPN(電子版)は3日、大谷の去就について「今オフ、エ軍は長期契約をオファーするだろうが、オオタニが拒否した場合、放出に動くのではないか」と報じたが、エ軍は今オフも商談に応じるつもりはなさそうだ。

 すでにミナシアンGMは「(主砲の)トラウトと大谷を中心としたチームになる。選手層の厚いチームをつくるには、たくさんの方法がある。ドラフトもあるし、FAにトレードもある。彼らとともに強いチームをつくる」と編成方針を明かしているからだ。

 今回のトレードでエ軍がイグレシアス(4年総額約77億円)、シンダーガード(1年約28億円)の高給取りを放出したことで球団の財政は改善された。地元紙「オレンジ・カウンティー・レジスター」によれば、エ軍は2人の残りの年俸を負担しないため、今回のトレードで約79億円の人件費を削減したという。

■ぜいたく税上限ギリギリまで増額

 メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「失態続きだったミナシアンGMは今回、珍しくいい仕事をしました。高給取りの2人を放出して80億円近い補強費用を捻出したからです。今オフ最後の年俸調停を迎える大谷の来季年俸は30億円規模になり、エ軍は年俸総額をぜいたく税の上限(約312億円=2023年)いっぱいまで上積みすると予想されている。今回浮いた資金と合わせてそれなりの補強を行い、ミナシアンGMの方針である『トラウトと大谷を中心としたチームづくり』に取り組むことになる。先発ローテの整備と救援陣の立て直しを図って大谷が熱望する『ヒリヒリする9月』を目指すはずです」

 今回のファイアセールは、トラウトと大谷を中心としたチーム再編の準備というのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景