2026年W杯アジア枠が「最大9」に 大盤振る舞いしたFIFA“本当の狙い”と日本代表への影響

公開日: 更新日:

 2026年W杯は、カナダ、米国、メキシコと史上初の3カ国による共同開催となるが、出場国が現行の「32」から「48」に大幅に拡大される。

 これに伴って各大陸の出場枠も増えるワケだが、欧州の13→16、南米の4.5→6.5、北中米カリブ海の3.5→6.5、アフリカの5→9.5、オセアニアの0.5→1.5と比べて、「アジアの4.5→8.5」の「+4」という数字が目を引く。

 W杯本大会の実績に乏しいアジアが、どうしてプレーオフの結果によっては「出場枠・最大9」という大盤振る舞いを受けられるのか。「ズバリ、FIFAの狙いはアジアマネーです」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう続ける。

「アジアのW杯出場常連国は、日本、韓国、オーストラリア、イランの4カ国ですが、FIFAとしては、経済大国の中国、オイルマネーで潤っているカタールなどの中東諸国、そしてサッカー熱が高くて経済発展も著しいタイやベトナムなど東南アジア勢に出場の可能性を広げることで、さらなるアジアマネーの流入をもくろんでいる」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景