高橋元理事が熱を上げた“飲食店ビジネス”の評判…AOKI側からの新たな2.3億円で赤字補填

公開日: 更新日:

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の高橋治之元理事(78)をめぐる受託収賄疑惑で、大会スポンサーの紳士服大手AOKIホールディングスからコンサル料4500万円のほか、新たに2億3000万円ほどの金銭授受が発覚。

「自分が経営に関わるステーキ店の赤字の補填に使った」

 高橋元理事が一部資金の使い道についてこう話していると報じられているように、元理事は電通時代からゴルフ馬術サッカーなどさまざまなスポーツビジネスで辣腕をふるってきた一方で、グルメとして鳴らし、電通時代から飲食店のサイドビジネスにも熱心だったという。

 役員時代の2002年に勤務先の電通本社ビル46階に高級フレンチ「ソラシオ汐留」、2012年には六本木一丁目にあるアークヒルズ仙石山森タワーに「ソラシオ」をオープン。現店名「ステーキ そらしお」はオープン当初「ソラシオ汐留」と同様、フレンチレストランだったという。

「いくら電通の役員といえど、一介のサラリーマン重役が、賃料が高い超一等地の高層タワーの複合商業施設に店を開くにはよほど強力なコネ、それ相応の資金力や信用がないと難しいはず」(大手デベロッパー社員)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景