夏の甲子園の大本命・大阪桐蔭にひと泡吹かせるか? プロ注目の好左腕を擁する4校の名前

公開日: 更新日:

 最後の1校が決まった。

 31日に行われた西東京大会決勝は、日大三が東海大菅生を下して優勝。甲子園に出場する全49校が出揃った。

<b>【写真】</b><a href="https://moment.nikkan-gendai.com/sports/52861" target="_blank"><b>この記事の関連写真を見る(36枚)</b></a>

 6日開幕の甲子園大会でダントツの優勝候補は大阪桐蔭だ。

 昨年の明治神宮大会に続き、今春のセンバツは大会新の11本塁打を記録して全国制覇。今夏の大阪大会の計7試合はわずか1失点しかしていない。投手の川原嗣貴、捕手の松尾汐恩、中堅手の海老根優大はドラフト候補で、2年生左腕の前田悠伍は来年ドラフトの目玉といわれる。

■対左腕は練習量が限られる

 そんな圧倒的「1強」の大阪桐蔭に土をつけることができるチームはあるのか。「可能性があるとすれば、左腕エースがいるチームでしょう。対左腕はどうしても練習量が限られる。そこにつけ入る隙があると見ます」とは、パのスカウトのひとり。

 大阪桐蔭はセンバツの4試合中3試合で13得点以上を挙げたが、唯一、3点しか取れなかったのがプロ注目左腕・冨田遼弥を擁する鳴門(徳島)との初戦。そのうち1点は相手の失策によるものだった。さらに遡ると、秋季大会で最少の5得点だった履正社戦と東大阪大柏原戦はともに左腕が相手だった。

「私が今大会ナンバーワン左腕とみるのは京都国際の森下瑠大です」と、前出のスカウトが続ける。

「昨年春のセンバツで頭角を現すと、昨夏の甲子園はチームの4強入りを牽引。コロナで出場を辞退しましたが、今春のセンバツ出場も決めていました。何度も甲子園を経験している森下にとって、今年は最後の年。本人もプロを意識してアピールに燃えているはずです。リミッターを解除した思い切った投球ができれば、大阪桐蔭打線を封じ込めるかもしれません。森下のフォームは無理に腕を振っている感じではなく、全体のバランスが非常にいい。同じような腕の軌道、球の出どころから直球と変化球を投げ分けられるのも評価できる。コントロールもそこそこ良く、右打者の内角へ鋭い角度で投げ込めるし、特にスライダーはキレがある。確実にドラフトにかかる選手です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?