勝みなみ史上初4日間ノーボギーV 女子プロのゴルフがうまくなったか、コースが簡単なだけか?

公開日: 更新日:

 今大会は日本女子プロゴルフ協会の主催大会であり、楽天グループが特別協賛。優勝スコアは主催者の意向が大きく反映されたといえる。協会の“思惑”通りに大会は女子プロの好スコアに連日沸いたが、ゴルフファンの関心はそれほど高くなかった。

■入場者数は4日間とも上限の5000人を大きく下回る

 それは入場者数によく表れている。招待者、選手関係者を含めて各日5000人の入場制限を設けた有観客開催で、チケット一般販売は各日4000枚。ところがフタを開けてみると、初日1134人、2日目1228人、3日目1879人、最終日2105人と会場のギャラリー数はさっぱり。4日間とも上限の5000人を大きく下回った。

「主催の女子プロ協会は、コースをやさしく設定してバーディーがたくさん出たらゴルフファンが喜んで、多くの入場者で賑わうとでも思ったのでしょうか。勝のゴルフは確かにすごかった。しかし、3日目終了時点で、緊迫感がなくなってしまいゴルフファンの関心は薄れてしまった。勝は女子ツアーで3本の指に入る飛ばし屋ですが、飛ぶということはリスクも伴う。会場がタフな設定なら、最終日に9打差あってもV安全圏とは言えず、どう転ぶかわからなかった。しかし飛ばし屋有利のコースセッティングだから、手に汗握る1打のせめぎ合いが見られなかった。テレビ中継がなく、試合を知らなかったファンもいたでしょう。女子プロ協会はゴルフの面白さを引き出せず、気の抜けた大会になってしまったのは間違いありません」(ゴルフ評論家・宮崎紘一氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点