阪神・青柳に8、9月失速のデータ…奇跡の逆転Vどころかエースとともに沈没の恐れ

公開日: 更新日:

「エース次第で可能性はゼロではない」

 阪神OBがこう言うのは、矢野燿大監督(53)が49試合を戦う後半戦でもくろむ奇跡の逆転優勝についてだ。

 エースとはもちろん、今季前半戦で12球団トップの11勝(1敗)、防御率1.37を誇る青柳晃洋(28)のこと。

 今季の阪神は開幕17戦1勝と歴史的低迷に陥りながら、前半戦で借金を完済。前半戦終了時点で首位ヤクルトに11ゲーム差をつけられたものの、リーグで最も勢いがあるチームであることは確かだ。

 冒頭のOBは「チームが巻き返せたのは、青柳の働きがあってこそ。青柳が前半戦同様に勝ちまくってくれれば、ヤクルトに大きなプレッシャーを与えることになるけれど、正直、出来過ぎの感もある。それに、昨年まで2年連続で8、9月に失速していることが気がかりだ」と、こう続ける。

「13勝を挙げた昨年はその2カ月間、7試合で2勝3敗、防御率4.85、一昨年も9試合で2勝6敗、同5.85。昨季、阪神は開幕から快進撃を続けながら、青柳の不振もあって、チームは8、9月に17勝18敗4分けと足踏みした。一方、追う立場だったヤクルトは18勝12敗7分けと勝ち越したこともあり、阪神はゲーム差なしの僅差で優勝を逃した。阪神は9月に急失速するシーズンが目立つなど、調子の波が激しいチームだけに、青柳が調子を落とせば負の連鎖に陥り、歯止めがきかなくなる恐れがあります」

 その阪神は29日、ヤクルトとの直接対決に6-0で勝利。矢野監督はヤクルトとの3連戦を迎えるにあたり、「直接対決は12試合残っている。大きく勝ち越すことが必要」と息巻いていたが、エースがコケればチームの勢いがそがれ、再び成績が下降線をたどる危険をはらんでいるといえそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前