中日に清原和博氏の入閣待望論! 再建の切り札にPL学園の後輩・立浪監督も熱望?

公開日: 更新日:

 清原氏は立浪監督の計らいにより、今年の中日キャンプを訪問。過去に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた影響もあり、12球団で唯一、球場内への立ち入りを認められたのがこの中日だったといわれている。

「5月には名古屋のCBCテレビで中日対西武戦を解説。今月2日には中日のレプリカユニホームを着て始球式を行い、中日ファンの喝采を浴びた。中日との縁ができ、就任のハードルが下がっているのは確か。立浪監督も先輩のためにと、色々と骨を折っている。キャンプでの臨時コーチであれば、親会社、球団もゴーサインを出す可能性はあるでしょう」(同)

 この秋、清原氏の現場復帰が実現すれば、大きな話題になるのは間違いないが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた