日本ハム清宮は2日間のオールスターが転機に!新庄監督の毎日の叱咤激励よりプラス

公開日: 更新日:

 初日に続いて八面六臂の活躍である。

 オールスターで存在感を発揮した日本ハム清宮幸太郎(23)。26日の初戦は九回2死からのサヨナラソロ弾でMVPを獲得すると、昨27日の第2戦でも躍動した。

 本職は一塁だが「1番・三塁」でスタメン出場すると初回、先頭打者として中前打。その裏、塩見のゴロをさばき、一塁への送球で強肩ぶりを披露した。六回に一塁守備につくと、七回からは初戦に続いてファーストミットをはめて左翼へ。牧のフェンス直撃かという大飛球をジャンピングキャッチする好守備を見せた。

 日本ハムでは新庄監督に褒められ、怒られの毎日。消極的なバッティングや走塁ミスでカミナリを落とされたかと思えば、ホームランを称賛される。アメとムチで刺激され、自己ベストの11本塁打をマークしているものの、その一方で打率.226と低迷している。

 それが球宴での大活躍。自身もオールスターに出場してMVPも獲得した山崎裕之氏(評論家)は「清宮にとって自信になるでしょうね」と、こう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで