ダルや日ハム近藤ばかりか高校球児も今どき愛用「マウスガード」の効能

公開日: 更新日:

 パドレスのダルビッシュ(35)や日本ハムの中軸・近藤健介(28)らが愛用しているのがマウスガード、いわゆるマウスピースだ。

 プロに限らず高校球児にも浸透しつつある。18年夏の甲子園で「金農旋風」を巻き起こした吉田輝星(21)が使い、注目を浴びたのは記憶に新しい。今夏の高校球児でいうと、たとえば木更津総合(千葉)の右腕エース越井颯一郎も愛用している。

 高校球児にマウスガード着用を呼びかけている日本学校歯科医会の野村圭介副会長はこう話す。

「一番の目的は歯を守るためです。イレギュラーや自打球などで歯を失う球児が後を絶ちません。欠損箇所は上の前歯が多い。競技生活どころか、一生に関わる問題です。大阪桐蔭さんや、花巻東さんなどに研究指定校になってもらっていますが、『ケガを減らすことができた』という声が届いている。有用性を改めて認識しています」

 一般的なマウスガードの値段は8000円ほどから販売されており、野村氏によると1、2年はもつという。


 防具としてのみならず、副産物もある。スポーツ用マウスガード専門店RYMSの代表、内藤雅明氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至