PL学園KKコンビの桑田真澄は7位…強烈なインパクトを与えた「甲子園のスター」ランキング

公開日: 更新日:

 8月6日に開幕する第104回全国高校野球選手権大会。今年は地方大会から有観客となり、楽しんでいる野球ファンは多いだろう。

 その甲子園大会では毎年、新しいスター選手が生まれ活躍してきたが、最も観客にインパクトを与えたのは誰なのか。

 青森・三沢高校の太田幸司? 蔦監督率いる徳島・池田高校のやまびこ打線? PL学園のKKコンビ? 世代によって、思い入れはだいぶ違うことだろう。

 NTTレゾナントが運営するランキングポータルサイト「gooランキング」で行った調査によると、全777票のうち136票と圧倒的多数の票を得て1位に輝いたのは、やはり“平成の怪物”と呼ばれた松坂大輔だ。

 続いて、5打席連続敬遠が物議を醸した松井秀喜。このあたりは順当か。

 そして3位に入ったのが、「ハンカチ王子」の愛称が流行語にもなった早実の斎藤佑樹

 4位は、今も大リーグで大活躍中の大谷翔平。なぜか本番の春・夏の甲子園では精彩を欠き、合計14イニングを投げただけで終わったが、岩手県予選では花巻東高校のエースとしてアマ史上初の160キロ剛速球を記録。全国の高校野球ファンの度肝を抜いたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路