プロ球団は高校2年生を重点マーク! 専大松戸・平野大地が投手転向1年半で150km

公開日: 更新日:

 19日、千葉県の天台野球場がどよめきに包まれた。

 甲子園の地方大会で専大松戸がベスト16進出を決めた4回戦。7点リードの九回、2番手として登板した2年生の右腕・平野大地がマウンドに上がった直後だ。この回の先頭打者を相手に、自己最速の150キロをマーク。電光掲示板に「150」と表示された瞬間、スタンドはドッと沸いた。平野はこの回、無失点で試合を締めた。

 中学までは捕手だったが「投手をやってみたかった」と、持丸修一監督がロッテ美馬学日本ハム上沢直之を育てた経歴も加味し、同校を進学先に選択。一方、持丸監督は平野が小学生の頃から投手としての素質を見出していた。試合後、持丸監督はこう語った。

「シニアの監督をする彼のお父さんとは古い付き合いです。それで12歳の時、たまたま平野のキャッチボールを見たら、これはいい遊撃手か投手になるなって。中学時代はなぜ捕手だったのか……。投手転向から1年半だけど、ポテンシャル、完成度がすごく高い。あんなタイプはこれまでいない。投げるボールは(高校時代の)上沢より上です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?