大関陣が言い訳ばかりの情けなさ…貴景勝は“反則負け”アピール、御獄海は報道陣に横審のグチ

公開日: 更新日:

 これが土俵内の序列2位だというのだから目を覆いたくもなる。

 14日、大関・貴景勝(25)は玉鷲を下し、3勝2敗。しかし、カド番の2大関はこの日も負けた。正代(30)は初顔合わせの若元春に敗れ、1勝4敗。御嶽海(29)は過去3戦全勝の宇良にとったりで転がされ、2勝3敗となった。

 成績以上に情けないのが、彼らの態度だ。

 貴景勝は13日に逸ノ城に寄り切られた際、何度もマゲを掴まれたことをアピール。取組後どころか、寄られる最中にもマゲに手をやり、力なく土俵を割った。自分の弱さを棚に上げて、「反則で負けた」と言わんばかりだったが、物言いの結果、審判団にマゲ掴みはなかったと判断された。

 御嶽海は場所前、報道陣にケガをアピールしていた。先場所痛めた右肩を理由に出稽古に行かなかったと説明した上、「実は今も痛いんです」なんて明かす必要があったのか。負けた時の予防線かと勘ぐりたくもなる。

 さらにこの時、御嶽海からは横綱審議委員会への愚痴も出たという。先場所、横審が大関陣の不甲斐なさに言及したことについて、「横審は横綱のことを語る組織なのに、なぜ大関にまで口を出すのか」という趣旨だ。しかし、自身を含めて3大関中2人が負け越したのは事実。横審を黙らせたければ勝てばいいだけの話で、記者相手に愚痴るのは情けない。

 七夕の短冊に「角番脱出」と書いた正代にいたっては、もはや心が折れているとしか思えない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ