日本ハム福田俊は11試合連続無失点で勝ちパターン昇格! 恩師が太鼓判「ここ一番の胆力」

公開日: 更新日:

 日本ハム新庄剛志監督(50)の期待は大きい。プロ4年目左腕・福田俊(25)のことだ。

 今季は中継ぎとして11試合登板し、投球回は9回3分の1ながら、いまだ自責点0で防御率0.00。先日のソフトバンク3連戦では勝ちパターンのリリーフとして2ホールドをマークした。

 この左腕、横浜創学館高から星槎道都大を経て2018年ドラフト7位で入団、プロ2年目の2020年には30試合に登板し、2ホールド、防御率3.26と一定の成績を残した。昨季は二軍暮らしが続いたが、ここにきて貴重なリリーバーとなりつつある。

■人生初の全国大会で初球から…

「メンタルが強くて物おじしないところが持ち味です」とは、星槎道都大時代の監督である山本文博・札幌国際大監督だ。

「福田が3年の秋、明治神宮大会出場をかけた地区代表決定戦のこと。DH(指名打者)制が解除されて投手も打席に立つこの試合で、福田はバックスクリーン直撃の本塁打を打ってのけた。普段は打撃練習をまったくしていないにもかかわらずです。投手としてはこの試合で完封勝ち。駒を進めた明治神宮大会初戦で先発を任せると、人生初の全国大会だったそうですが、ビビることなく初球からストライクを投げ込んだ。もともとケガが多く、肘を痛めたり足の骨を手術したりでリハビリに徹する時間が多かったが、その分、心が鍛えられた面もあると思います」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至