ナダルがウィンブルドン準決勝棄権も…男子テニスの「御三家時代」はまだ終わらない

公開日: 更新日:

 テニスのウィンブルドンで男子シングルス4強に入ったラファエル・ナダル(36)が7日、腹部を痛めて8日の準決勝を棄権すると発表した。

 ナダルはノバク・ジョコビッチ(35)、ロジャー・フェデラー(40)と並び、男子テニス界を牽引してきた「御三家」のひとりだ。ジョコビッチは決勝に進んだものの、フェデラーは昨年、3度目の右膝手術に踏み切り、1999年のデビュー以来、初めてウィンブルドンを欠場。今年は全豪オープン(OP)、全仏OPも欠場し、試合から丸1年遠ざかっている。

 3人ともいわゆる「アラフォー」世代。テニスの一時代は終焉を迎えつつあるのか。スポーツライターの武田薫氏は「まだまだ影響力は強い」と言ってこう続ける。

「ナダルの棄権は将来を見据えた決断でしょう。スペインではウィンブルドンと同時期に開催されるクレーコートのマヨルカ・トーナメントがメジャーだった。しかしナダルは芝コートのウィンブルドンに積極的に出場することでスペイン国民の意識を変えた。ジョコビッチも、ワクチン拒否問題に見られるように、体の管理に対する意識が高い。選手としても長生きしますよ。フェデラーはスイスで記念コインが発売されたほどのスター。スイスは日本と違って存命している人間の銅像を建てたり記念品を作ったりはしない。それだけ異例なことで、影響力の大きさが分かります。この3人ほど世界に影響力を与えられる選手は他にいない。ジョコビッチのワクチン問題も、ただ拒否しているのではなく、ひとりの人間としての生きざまを見せている。ここまでメッセージ性を持った選手はいない」

 この3人が去った後のテニス界には空虚な風が吹きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害