朝乃山が1年ぶりの土俵復帰…三段目から大関返り咲きの「課題」

公開日: 更新日:

 長い長い謹慎がついに解けた。

 10日初日の大相撲7月場所で、昨年5月場所以来となる土俵復帰を果たす三段目の元大関朝乃山(28)。幕下以下の力士は本場所で7日間しか相撲を取らないため、朝乃山は2日目からの出場となる。

 元大関だけあって、成績を不安視する声は皆無。幕内復帰は時間の問題だろう。しかし、大関に戻れるかといえば話は別だ。

 大関時代の朝乃山はケガによる休場と、自身が起こした不祥事での休場を除けば、皆勤した4場所はすべて2ケタ白星。大関の名に恥じない成績を残した。その一方、大関昇進後は優勝が一度もない。得意の右四つにこだわるあまり、おっつけで差し手を封じられ、星を落とすことがしばしばあったからだ。

 序二段から復活を遂げた横綱照ノ富士は、かつては力任せの相撲で鳴らしていた。それが再び這い上がってきた時は、以前とは見まがうばかりに「技」にたけた力士へと変貌。力に頼る相撲では故障しかねないため、照ノ富士なりに研鑽を積んだ。

「照ノ富士も序二段で土俵に復帰した当初から、いきなり技巧派になったわけではない。実戦を重ね、相撲勘を取り戻す中で今の取り口を身に付けた。朝乃山の場合はどこか痛めて地位を落としたわけではないので、そう簡単に相撲のスタイルは変えられないでしょう。それでも以前のように『立ち合いからいきなり差しに行く相撲』では大関は厳しい」(角界OB)

 まして今は三役~幕内上位はイキのいい力士が豊富。当面は実戦感覚を養うことが先決だが、同時にアタマもフル回転させる必要がありそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今