森保ジャパン不人気まっしぐら…E-1選手権「サプライズなし」“堅物発言”に関係者のボヤキ声

公開日: 更新日:

 日本代表の森保一監督(53)が6日、オンライン取材に応じた。19日開幕の「東アジアE-1選手権」代表メンバーが13日に発表されることもあり、その選手選考に関する質問が上がった。

 そもそもE-1に呼ばれるのは国内組だけ。神戸FW大迫、FC東京DF長友、浦和DF酒井ら知名度の高いW杯経験者は「招集しない」と森保監督は明言している。

 スポーツメディアとしては「若手を抜擢するなど話題づくり」を期待しての質問だったが、指揮官は「サプライズはないかな」と愛想なしの返答。

 E-1を放送するフジテレビも低視聴率を想定して苦慮しているともっぱらで「リップサービスが苦手とはいえ、森保さんも少しは話題になりそうなコトを言ってくれたらいいのに……」というボヤキがサッカー界から漏れ伝わってくる。

 そもそも森保体制後の日本代表人気は、落ち目の三度笠状態である。代表監督デビューの2018年9月のコスタリカ戦の「視聴率12.3%」がケチのつき始め。これは02年日韓W杯のトルシエからジーコ、オシム、岡田武史、ザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチ、西野朗と歴代監督の中で最下位。カタールW杯予選の視聴率もお粗末だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今