鉄人・玉鷲「老いて強し」は知力の稽古にあり! “押し相撲は短命”蹴散らす工夫の数々

公開日: 更新日:

 御年37歳。それでも衰える気配はない。

 いまや角界で「鉄人」の名をほしいままにしているのが、前頭3枚目の玉鷲。現役関取最年長ながら、3場所連続で照ノ富士から金星を獲得中と、横綱をカモにしている。

 所属力士が自身以外に幕下1人、序二段2人という小所帯の片男波部屋。稽古相手には不足も不足だが、弟弟子2人ないし3人を相手に相撲を取ることもある。「足りない分は頭数で補え」と言わんばかりだ。

 過去の力士で言えば、横綱隆の里(元鳴戸親方)は力士2人に押させるなど、日々の稽古に工夫を凝らしていた。初代若乃花は苦手としていた右四つで組まれる、土俵際に追い込まれるなど、わざと自分を不利な状況に立たせてから稽古を開始することもあった。

大相撲では『押し相撲の力士は短命』というのが通説です。年をとれば、それだけ突き押しの威力やスピード、前に出る圧力が落ちる。半面、自分の型を持っている四つ相撲の力士は衰えが相撲に出にくく、長く活躍できる。玉鷲は典型的な押し相撲の力士だが、むしろ年々強くなっている印象です。母国のモンゴルではほとんどスポーツ経験がなく、初めて相撲に触れたのも19歳とスタートも遅かった。だから逆に『鍛える余地があった』と話す親方もいますが、それ以上に頭を使って稽古をしているからこそです」(ある親方)

 玉鷲が衰え知らずなのも、それだけ日々の稽古で他の力士に差をつけているからだろう。

 1日10番20番の稽古で「今日もいい汗かいた」なんて満足している力士は、鉄人のツメのアカを煎じて飲んだ方がいい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平