“最多得票男”西武・山川の逆襲! 今オフ年俸高騰必至で「2年分の負債」は何倍返しに?

公開日: 更新日:

 ファンの投票もオフの札束も、ガッポガッポである。

 6日、西武山川穂高(30)がリーグトップを独走する25号ソロを放った。この日はオールスターのファン投票結果が発表され、一塁部門でエントリーされた山川は両リーグ合わせて最多得票となる46万1740票を獲得。16万8305票で2位の清宮(日本ハム)に3倍近い差をつけた。

 そんな山川だが、年俸は1億3000万円と意外と高くない。2018、19年は2年連続本塁打王(47本、43本)に輝くも、20、21年は大きく成績を落とした。本塁打はともに24本、打率は.205、232と不調。契約更改では2年連続4000万円ダウンを食らい、計8000万円を失った。

 それが今季は本塁打のみならず、50打点もリーグトップ。打率.282は同5位だ。

 さらに山川の“追い風”となるのが、順調なら来季中に取得予定の国内FA。度重なる選手流出を防ぎたい西武にとって、山川の引き留めは至上命令だろう。失った8000万円が戻ってくるどころか、流出阻止のために高額の複数年契約を勝ち取れる可能性が高い。

 西武は森や外崎など、FA予備軍を複数抱える苦しい状況。それでも「最多得票男」が最優先であることは、言うまでもない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平