カブス鈴木誠也がケガの後に強い秘密 復帰後2試合連続本塁打の6号2ラン

公開日: 更新日:

 カブスの鈴木誠也(27)が日本時間6日、敵地・ミルウォーキーでのブルワーズ戦に「4番・右翼」で先発出場。五回の第3打席で左翼ポール際に勝ち越しの6号2ランを放った。六回2死二塁からの第4打席では左前打を放ち、2安打3打点。2試合連続のマルチ安打で8-3の快勝に貢献した。戦列に復帰した同5日にも九回にランニング本塁打をマークしており、これで2戦連発となった。

 同5月27日のレッズ戦で左手薬指を痛め、負傷者リスト入り。離脱前は調子を落としていたが、完全復活を予感させる活躍に「化け物すぎる」とネット上では賛辞が寄せられている。

 長期離脱後に即結果を出せるのは、準備の賜物かもしれない。

 広島時代の2017年8月、プレー中に右足脛骨内果骨折と三角靱帯損傷の全治3カ月の重傷を負った。チームは優勝争い真っ只中。残り試合を棒に振った。主砲だけに落ち込みそうなところだが、当時の鈴木はこんなことを言っていた。

「やってしまったものはしょうがない。(右足首を)手術した今、何ができるかです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平