浅田真央が盛況アイスショーで見せる「やり手プロデューサー」「実業家」の顔

公開日: 更新日:

 実業家が板についてきた。さる5日、フィギュアスケート女子2010年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央(31)が自らがプロデュースしたアイスショー「BEYOND」の開催発表会見に登壇。「ゼロから私自身が作り上げてきました」と座長のプライドをのぞかせた。

 現役を退いたトップスケーターの多くは解説者やタレント業をこなしながらアイスショーを生業にする。しかし、17年に現役引退した浅田はこれまで、解説者としての仕事を断り続けている。

 18年の平昌五輪前にはテレビ各局から解説者や番組出演の依頼が殺到したが、引退ツアーの準備を理由に五輪関連の仕事を一切受けず、今年2月の北京五輪でも解説者のオファーを受けることはなかった。かつて「喋ることが得意じゃない。人のことを話すと心の中でストップがかかる」と選手の評価をすることへの抵抗を口にしていたこともあった。

「ドラマ出演のオファーがあったときも、『ストーリーが自分に合わない』と言ってNGを出したことがありました。それだけ、浅田真央というキャラクターのイメージ戦略がしっかりしているということ。周囲の大人たちの意向もあるようですが、セルフプロデュースに関しては本人もかなりこだわりが強いようです。妥協を許さないタイプで、引退後に3年に渡って行った『サンクスツアー』では、出演するスケーターたちが自分の思い通りに動かないことに苛立ち、涙を流しながら“説教”する一幕もあった」(放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平