ヘンク伊東純也にドイツ移籍の噂も…「今季もベルギーでプレーして…」が周囲の本音?

公開日: 更新日:

 ベルギー1部ヘンク所属の日本代表FW伊東純也(29)の周辺がザワついている。

 現地メディアが「主軸アタッカーがドイツのクラブに引き抜かれることを見越してヘンクが戦力補強を進めている」と報じているのだ。

 その主軸アタッカーのひとりである伊東は、カタールW杯最終予選でチーム計12得点中・4得点の荒稼ぎ。「伊東が日本代表をW杯に導いた」と言っても過言ではない。

「W杯最終予選の活躍もあって評価急上昇。ボルシアMG、レバークーゼンなどドイツ1部の中堅どころが伊東のエージェントとコンタクトしているともっぱら。そこでヘンクは伊東の抜ける穴を埋めるべく、補強リストを作成して複数選手と折衝中といわれている。中でもベルギー1部コルトレイク所属のFWセレマニとは合意寸前とみられている。セレマニは、昨季29試合に出場して13得点・6アシスト。伊東の代わりは十分に務まる」(マスコミ関係者)

 伊東は2021年10月にヘンクと契約を延長することで合意。2024年6月30日までの新契約を結んだ。当時は「ヘンクでの生活に満足している」と話していた伊東だが、最終予選が終わった時点では「満足のできるオファーが届けば検討したい」と前向きな姿勢を示すようになった。しかし「日本サッカー界の総意は『移籍しないで来季もベルギーでプレーして欲しい』です」と放送関係者がこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至