日本ハム清宮の今季8本塁打は全部ソロ…プロ5年目で極端に勝負弱くなったナゾ解き

公開日: 更新日:

 3日のオリックス戦で今季8本塁打目を放ち、自己ベストを更新したのが日本ハム清宮幸太郎(23)だ。

 ルーキーイヤーの2018年、19年、20年と3年連続7本止まりで、昨季は丸々二軍だった。

 とはいえ、今季の8本はすべてソロ。走者がいなければ打率.306で、走者がいたら同.152。昨季までの通算21本のうち11本が2ランと3ランだったから、今季、異様に勝負弱くなったことがわかる。

「ランナーがいると結果を求めて焦りが出てしまうのだと思う」と、球団OBはこう話す。

「プロ5年目の清宮は即戦力として見られる大卒1年目と同じ年齢です。それに、これまでは調子が悪くなるとすぐ二軍落ちしていたけど、今季は違う。開幕からずっと一軍で使われているだけに、今年結果が出なければ見切りをつけられるという危機感が重圧になっているのでしょう。緊迫する場面では萎縮して打席に立っているようにも見えます」

 別の角度から考察するのは日本ハム(06~08年)、中日(12、13年)でコーチ経験のある平野謙氏だ。「今季だけ全部ソロはたまたまかもしれませんが……」と前置きしてこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至