鹿島FW鈴木優磨は“監督批判常習で代表招集されない”の真偽…上田綺世の海外移籍で噂が再燃

公開日: 更新日:

 Jリーグ・10ゴールで得点ランクトップの鹿島FW上田綺世(23)のベルギー1部セルクル・ブルージュ移籍が本決まりとなり、日本代表を率いる森保一監督(53)の悩みのタネが増えた。7月19~27日に行われる東アジアE-1選手権に「国内組で臨む」と明言している指揮官は、アテにしていた上田を招集できなくなったからである。

 上田の代わりが務まる選手は誰か。最初に名前が挙がるのが、鹿島で2トップを組んでいたFW鈴木優磨(26)だろう。

 19歳でJリーグデビュー。2018年のACL(アジア・チャンピオンズリーグ)優勝の原動力となってMVPを獲得した。19年夏にベルギー1部シントトロイデンに移籍。20-21年シーズンに17ゴールを挙げて欧州内でも知名度を上げた。22年1月に古巣に復帰。身長182センチ、体重75キロの恵まれたフィジカルを生かし、アグレッシブにゴールを狙っていくのが身上。1トップもこなせることから、J関係者の間では「故障がちな代表FW大迫勇也(32)の代役として日本代表でのプレーを見てみたい」という声も少なくなかった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽