巨人&広島が苦しむ「魔のイニング」…セ・リーグ2位争いは“八回の男”がカギを握る

公開日: 更新日:

 3位広島にとってはまたも、「魔のイニング」となった。

 勝てば2位に浮上する3日の巨人戦。5-5で迎えた八回だ。4番手の森浦が2死二塁から外角低めのカーブを吉川に左中間へはじき返され、これが決勝点となった。

 広島は春先から「八回」に苦しんだ。4月に1イニング9失点の大炎上を喫するなど、勝利の方程式が確立できず、「魔の八回」と揶揄された。元広島投手コーチの川端順氏がこう指摘する。

「最近は左腕の森浦が主に務め、安定した投球を見せていました。巨人との初戦でも八回を走者を出しながらも無失点に抑えたし、防御率は1点台(1.71)で今回が初黒星なので、森浦は責められません。ただ、抑えの栗林につなぐ救援陣の整備は昨年から続く課題。ここがずっと不安定だから、リーグ3連覇を達成した時のような終盤の逆転勝利も減った印象です。投手陣の安定感と打線は密接にリンクしていますから」

■巨人も「八回の男」が不在

 救援防御率が4点台でリーグワーストの巨人の課題も同じく「八回の男」不在である。新人守護神の大勢がリーグトップタイの23セーブを挙げているものの、その前のリリーフ陣がボロボロ。負け試合のイニング別失点では八回の34失点が最多。開幕から鍬原、デラロサ、ビエイラと取っ換え引っ換えして、最近は覚醒気配の平内が務めているものの、2日の広島戦で痛恨のサヨナラ弾を浴びるなど、絶対的な存在にはなっていない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか