日本ハム清宮が自己最多8号も崖っぷち変わらず…新庄監督の“バッサリ”に例外なし

公開日: 更新日:

 日本ハム清宮幸太郎(23)が久々に快音を響かせた。

 3日のオリックス戦。2点を追う七回に右翼席へ特大のアーチ。今季8本塁打目となり、自己ベストを更新した。

 もっとも、リーグ戦再開以降は低迷。この日を含めた11試合で36打数5安打、1本塁打、打率.139。ほとんど毎試合にフル出場しながら、本塁打は6月8日のDeNA戦以来、17試合ぶりだ。

 新庄剛志監督(50)は6月に入ってから、「チルドレン」と言われる今川優馬(25)と万波中正(22)を今季初めて二軍に落とすなど、容赦ない入れ替えを行った。

 そこで清宮だ。新庄監督から「あんな(走塁)ミスしていたら一生、上へ上がれない」と激怒されたり、フライを落球した際は「星が(目に)入ったかもしれない」などと皮肉られながらも、一軍から振るい落とされずにいる。

「清宮は高校通算111本塁打を打ち、ドラフトでは7球団が競合。知名度や注目度はチームの中で群を抜いていて、潜在能力も高いとみられている。だからこそ新庄監督も度重なるミスやボーンヘッドにも目をつぶってきたのですが、ここにきてチームはトライアウト一辺倒から勝利も追い求めるようになってきた。新庄監督がフロントに左腕の強化を要望、実際にメネズを獲得したのもそんな事情からです。清宮も結果が伴わなければ容赦なく二軍に落とされますよ」(球団OB)

 新庄監督もいざとなったらバッサリやるというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ