カブス鈴木誠也マイナー戦で復帰弾も…アイオワとアリゾナでの快音に仕掛けられた“罠”

公開日: 更新日:

 左手薬指を痛めて負傷者リスト(IL)入りしているカブス・鈴木誠也(27)が日本時間1日、傘下3Aアイオワのコロンバス戦で実戦復帰。四回にソロ本塁打を放つなど、3打数2安打2打点と順調な回復ぶりをアピールした。

 鈴木は「久しぶりの試合で、チームの雰囲気も良かったし、楽しかった。初日にしてはすごくいい出来だった」と手応えを口にしたが、安心するにはまだ早い。

 3Aアイオワの本拠地プリンシパルパーク(アイオワ州デモイン)はカブスのリグレーフィールドと比べて狭いからだ。中堅は同じ120メートルだが、両翼102メートル、左中間、右中間とも108メートルでリグレーより約4メートル狭い。マイナーの球場の中では本塁打が出やすい球場のひとつとして知られる。この日、誠也が放った右中間への一発はリグレーなら壁に阻まれた可能性が高い。

 先月29日の3A合流までは、首脳陣の配慮でチームから離れ、気候が温暖なアリゾナ州メサの球団施設でリハビリに励んできた。春季キャンプ、オープン戦を行うスローンパークでは本格的な打撃練習を再開し、連日にわたって快音を響かせた。患部に不安はなく、パフォーマンスも上がってきたことから、ジェド・ホイヤーGMにマイナー戦出場を認められたが、アリゾナでの打撃の調子は割り引く必要がある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ