阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

91年ドラフトで近鉄は即戦力右腕を1位で獲得 高柳を「立場危ういんじゃ?」と冷かしたら…

公開日: 更新日:

 左肘を痛めて2勝2敗1セーブに終わった1991年オフのこと。

 私は秋季練習が終わると、すぐに石川県の温泉に出掛けた。近鉄の投手陣は毎年、そこでオーバーホールをしていたからだ。

 11月22日。当時は夕方からドラフト会議があった。風呂から上がり、高柳出己と2人でドラフト中継を見ていると、近鉄は法政大の高村祐を1位指名した。大学生投手だから当然、即戦力としての評価だろう。

「おい、おい、ウチは右ピッチャー取ったぞ。おまえの立場、危ういんじゃないか?(笑)」

 私はこう言って、冗談半分で高柳を冷やかした。

 近鉄はこの年、野茂英雄、小野和義、山崎慎太郎、佐々木修さん、高柳がローテを守り、首位西武と4.5ゲーム差の2位だった。

 プロ4年目の高柳はこの年、19試合に先発して自己最多の7勝(5敗)をマークした。先発の5人中4人が右腕だが、即戦力右腕を1位指名したのは、球団がそれでも計算の立つ右投手が足りないと判断したからだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか