岡崎朋美
著者のコラム一覧
岡崎朋美長野五輪メダリスト

1971年、北海道清里町出身。94年リレハンメルから98年長野、2002年ソルトレークシティー、06年トリノ、10年バンクーバーと日本女子最多の冬季五輪5大会出場。長野で日本女子短距離選手初のメダル(銅)を獲得した。07年に結婚、10年12月に女児を出産。14年ソチ五輪代表入りを逃し、現役引退。20年マスターズ国際スプリントゲームズで世界新記録を更新して金メダル獲得。現在は全国各地で講演会を行う。聖徳大学客員教授。日本学生陸上競技連合理事

<33>スポーツ界に広がる「トランスジェンダー問題」私個人としては賛成だ

公開日: 更新日:

 スピードスケートは、女子のトップと男子の下位が同じくらいのタイム。クラス分けはできないこともない。ただ、今の2人ずつ走ってタイムを競う「ダブルトラックレース方式」では、大会の時間がものすごく長くなってしまう。2組を半周の時差でスタートさせる「カルテット方式」にすれば可能だが、フライングが出ると余計に時間がかかるリスクもある。

 ジェンダー問題には切っても切れないホルモン剤のことも気になる。今回のことがなくてもドーピング違反は減らない。「ホルモン剤だった」と、トランスジェンダーを理由にした逃げ道をつくるきっかけになるかもしれない。ルールの精査が急がれる。

 私は高校時代、女子高だった。登校から下校までいつも一緒で「仲良しだなぁ」と思っていたら恋愛関係にある子たちもいたけど、当事者に「もしかして付き合ってる?」と自然に聞ける雰囲気があった。

■世界では「普通」

 スケートの世界でも同性愛者の存在は珍しくない。五輪で6個の金メダルを獲得したオランダのイレイン・ブストも同性愛者を公表していた。同世代で戦ったノルウェーや米国の女子選手にも女性と交際している人がいたし、海外の仲間たちが引退後に結婚報告をするSNSを見たら相手がガールフレンドだったということもよくある。海外遠征中のオフ日、お茶に誘われたときは、お会計は割り勘ではなくおごってもらい、同じ女性だけどレディーファースト対応。割る気はしなかった(笑)。

 世界ではそれが「普通」。日本もそういう状況を受け入れられる環境になればいいのにと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま