総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

公開日: 更新日:

 先週の大会は国内最高額の5400万円という優勝賞金が話題になった。30日開幕の資生堂レディスオープンは、その半分以下の2160万円だが、それでも賞金総額は1億2000万円。国内で有数の高額賞金大会である。

■総額43億円!

 今季の国内女子ツアーは全38試合で賞金総額は過去最高の約42億9600万円。国内で10戦5勝の西郷真央(20)は、すでに約1億円(9936万円)も稼いでいる。

 海外メジャー2大会に出場していたので6月は「留守」にしていたが、再び国内で勝利を重ねれば、2015年に初の2億円超え(約2億3049万円=32戦7勝)を記録したイ・ボミの年間獲得額を抜いて初の3億円台があるかもしれない。

 今季の国内ツアーは17大会を終え、3000万円以上の獲得者は18人もいるから、「生まれてくるのが早かった」とボヤくベテランプロが少なくないのだ。

 確かに過去と比較すれば、近年の女子プロは恵まれている。例えば、00年から6年連続賞金女王の不動裕理は03年に24戦10勝、勝率41.7%という驚異的な数字を残したが、獲得賞金は約1億4932万円だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ