巨人・桑田投手コーチ「ポスト原」争いから脱落寸前! V逸なら宮本前コーチの二の舞も

公開日: 更新日:

 いつまでも休んでいられない──。

■コロナ陽性判定から8日で復帰

 新型コロナウイルスの陽性判定を受けた巨人桑田真澄投手チーフコーチ(54)が29日、現場復帰した。

 川崎市のジャイアンツ球場に姿を現し、一軍投手の残留練習に参加。エース菅野ら先発投手の状態をチェックした。桑田コーチは21日の朝に喉の痛みを訴え、PCR検査を受けた結果、陽性判定となった。同日のDeNA戦から欠場し、自宅で療養していた。

 ただ、自身が不在中の24日から行われた首位ヤクルトとの3連戦で計32失点。チーム防御率はリーグ5位の3.83と悪化の一途をたどる。さるチーム関係者がこう言った。

「桑田コーチは、いてもたってもいられなかったでしょう。自身が療養中に先発投手で勝ち星がついたのはシューメーカーだけ。投手陣は首位を独走するヤクルト打線に連日ボコボコに打たれ、チーム防御率は4点台目前。昨年はリーグ4位の3.63で『投手陣が崩れてV逸した(3位)』といわれ、宮本投手チーフコーチは責任を取るように退任した。今年は“飛ばないボール”を使用していると指摘される“後押し”がある中で、昨年よりはるかに数字が悪いのだからバツが悪い」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか