ヤクルト村上2連発、直近6戦8本塁打に…「打たれる方にも問題あり」と広島OB厳しい指摘

公開日: 更新日:

 勢いが止まらない。

 ヤクルト村上宗隆(22)が29日の広島戦でまた打った。

 1点を返された直後の3-1の八回だ。カットボールを左中間スタンドへ突き刺して「点を取られた後だったのでなんとか追加点が欲しかった。しっかりと押し込むことができました」とコメントすれば、九回にもカーブを同じく左中間席へ運んだ。まるで前打席のVTRを見ているかのような2打席連発となる29号2ラン。これで3試合連続アーチとなり、最近6試合で8本塁打をマーク。球団日本人最多となる月間14本目とした。同35打点はバレンティンの持つ球団月間最多打点に並び、6月に限れば、プロ野球新記録の爆発ぶりだ。

「本塁打を量産する村上の打撃はもちろん素晴らしい。ただ、打たれる方にも問題があります」と広島で投手コーチや編成部長などを歴任した川端順氏がこう指摘する。

「打たれた球はともに真ん中付近のカットボールーとカーブ。同じような変化球を同じようなところに投げて、同じ左中間席に放り込まれたのだから、情けないというか、カープバッテリーの工夫のなさにも原因があります。村上は先週末の巨人との3連戦でも打ちまくっていましたが(計3本塁打で9打点)巨人バッテリーにも同じことが言えます。ただ漫然と投げて打たれているように見えましたから。プロなんですから、セの5球団はもっとしっかり対策を立てて臨んで欲しいですね」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応