新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

公開日: 更新日:

 ドロ沼にハマっている。

 28日の西武戦に敗れた新庄剛志監督(50)率いる日本ハムは、12勝12敗と健闘した5月とは打って変わって、6月はこれで6勝14敗。交流戦以降はわずか1勝にとどまっている。

 チーム打率は先月の.243から、.230。リーグトップの56本を記録する本塁打数も6月は10本のみで、3、4月(25本=28試合)、5月(21本=24試合)より明らかに減少している。

 打撃だけではない。新庄監督は、就任直後から「守備で魅せるチームをつくりたい」と言い続け、キャンプでいの一番に着手したのが送球指導だった。そんな意識が浸透してか、5月までの24失策は12球団中4位タイ。ところが、6月は12球団最多の16失策と急増だ。

「失策数の増加に関しては、6月は土の球場が多かった(甲子園で3失策、秋田と盛岡で4失策)のもある。しかし、選手のパフォーマンスが明らかに落ちているのは疲労の蓄積が原因でしょう」と球団OBがこう続ける。

「新庄監督は就任会見から『開幕スタメンは横一戦』と言ってチーム内の競争をあおってきた。若手が目の色を変えたのは言うまでもありません。実際、万波や今川、郡らは昨秋のキャンプから春のキャンプまで毎晩、居残り練習をしていた。オープン戦にしても、調整というよりアピールの場になりましたからね。そのまま開幕して3カ月、選手たちは、もうガス欠です。ただでさえシーズンを通してプレーした経験がない選手がほとんどですから」

 この日は、右脇腹肉離れで5月5日から離脱していた近藤健介(28)が一軍復帰。「6番・左翼」でフル出場すると、二回1死二塁で回ってきた最初の打席で中前適時打を放った。精神的支柱かつ不動のレギュラーの復帰がチームのカンフル剤になるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至