ノルディック複合男子の五輪存続に安堵も束の間…IOC「卓球除外論」再燃の恐れ

公開日: 更新日:

 目をつけられている競技は他にもある。

 国際オリンピック委員会(IOC)は24日、オンラインの理事会で2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ冬季五輪の実施種目を協議し、除外が検討されていたノルディックスキー複合男子の存続を決めた。日本は7個のメダルを獲得している「お家芸」だけに、関係者は胸をなでおろしたが、IOCが除外を検討したのは、競技人口がほぼ欧州に偏り、過去3大会のメダルを、ノルウェー、ドイツ、オーストリア、日本の4カ国で独占していることなどが理由だった。

■金独占、元中国人、不正ラケット

「メダル独占」を問題視するなら、卓球はひどい。IOCが懸念する各大陸の普及率こそ高いものの、五輪における中国の強さは異常だ。男子シングルス(単)と団体は08年北京大会から4連覇。同年の男子単は3つのメダルを独占した。女子単は1988年ソウル大会から昨年の東京大会まで9連覇で、団体も08年から4連覇。女子も88年と08年は3つのメダルを独占し、これを問題視した国際卓球連盟は12年ロンドン大会から各国の単枠を2人に減らした。その後も中国は、団体の金、男女の単は金・銀が「指定席」となっている。中国の強さが際立つたびに、「卓球は五輪から除外される」という話が必ず出てくる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 2
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  3. 3
    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

  4. 4
    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

  5. 5
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  1. 6
    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

  2. 7
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  3. 8
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  4. 9
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  5. 10
    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ

    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ