米ソルトレイクシティーが辞退? 2030年冬季五輪招致「札幌」に“不穏な追い風”

公開日: 更新日:

 振り向けば自分が筆頭候補、である。

 2030年冬季五輪の招致を検討していた米ソルトレークシティーについて、「34年大会を優先する見通しが高くなった」とAP通信が23日に報じた。米五輪・パラ委員会(USOPC)のスザンヌ・ライオンズ会長の話によるもので、28年米ロサンゼルス夏季五輪のわずか2年後であることを理由に挙げたという。

 ライオンズ会長は「どちらが好ましいかといえば34年にやる方がいい。34年の招致において、ソルトレークは素晴らしいポジションになるだろう」と30年の招致活動からの離脱を示唆。国際オリンピック委員会(IOC)の委員を務める国際体操連盟の渡辺守成会長は今月10日のプロモーション委員会で「ソルトレークが追い上げてきている」と言及していたが、状況は一変した。

 招致を検討していたスペインは州同士の合意が得られず辞退。ソルトレークも、となれば、カナダのバンクーバーと札幌の一騎打ちとなる。

 今や「招致合戦」という言葉は死語になりつつあり、五輪の開催地は“引き取り手”を探しているのが現状だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質