阿波野秀幸
著者のコラム一覧
阿波野秀幸元プロ野球選手

1964年7月28日、神奈川県生まれ。桜丘高、亜大を経て、86年のドラフト1位で巨人、大洋(現DeNA)を含めた3球団競合の末、近鉄に入団。87年、新人王、89年は19勝(8敗)、183奪三振で最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得。その後、巨人、横浜でプレー、通算75勝68敗5セーブ。引退後は巨人、横浜、住友金属鹿島、中日などでコーチを務めた。

シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

公開日: 更新日:

 1991年のキャンプ中のことだ。

 前年は開幕投手を務めたにもかかわらず、10勝11敗1セーブ。牽制がボークと取られてできなくなったばかりか、ピッチャーライナーを左膝に当てて約1カ月間、戦列を離れた。新人だった野茂英雄が最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の投手3冠を獲得。自分も頑張るしかない、もう一度、本来の投球を取り戻そうと、目の色を変えて投げ込んだのが影響したのか、左肘に痛みを感じるようになった。

■顔を洗うのも苦痛

 オープン戦、開幕……時間が経っても状態は一向に良くならない。車のハンドルを切るのも、ネクタイをしめるのも、顔を洗うのも苦痛だった。

 この年も開幕投手を務めたものの、ひとつも勝てないまま1カ月が過ぎた。肘は痛かったけれども、1勝するまでは絶対に音を上げないと、半ば意地になっていた。

 そして5月3日。藤井寺球場で行われたロッテ戦に先発、5回3分の2を無失点に抑えて勝利投手に。ようやくシーズン初勝利を挙げてホッとしたような部分もあったに違いない。冷静に考えたら、左肘の痛みはかなり深刻で、このまま投げ続けることができるわけがないと思った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質