秋山翔吾まさかの“大穴”広島入りのウラ側 会沢翼&菊池涼介が“直電”猛プッシュ!

公開日: 更新日:

「カープにお世話になりますと。えっ? マジ? と。ビックリした」

 まさかの決断に、交渉役の広島・鈴木球団本部長も驚きを隠さなかった。

 広島が27日、前パドレス3Aの秋山翔吾(34)の獲得を発表。3年総額4億円規模の条件を提示したとみられる。

 秋山争奪戦を巡っては、古巣の西武、資金力豊富なソフトバンクが参戦。広島は「大穴」といわれていた。

「西武の条件がシブかったのが一因です」とは、放送関係者。

■西武の低評価

「今の西武の外野は愛斗(25)や若林(24)らが台頭、若返りが進んでいる。球団は19年オフに秋山が海外FA権を行使した際、4年20億円を提示したが、今回は2年契約。獲得に乗り出した3球団の中で最も年数が短く、3年契約を望んだ秋山とは最後まで平行線をたどった。ソフトバンクはかねて王会長を中心に人間性も含めて高く評価。3年5億円程度と最も条件が良かった。しかし、古巣と同じリーグのライバル球団に行くことが憚られた上に、ソフトバンクはFA選手に対してレギュラーを保証するなど一切、特別扱いをしない。秋山は一年でも長くプレーし、残り524本に迫った日米通算2000安打が大目標。故障離脱中の栗原(25)、上林(26)はもちろん、柳町(25)ら若手有望株が多く、今年はまだしも、来季以降は決して安泰ではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず