小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

公開日: 更新日:

【アース・モンダミンカップ】最終日

 最終組から3組前でプレーした木村彩子(26)が69で回り、6打差を逆転してツアー初優勝を遂げた今大会。試合の模様は有料のネット配信やCSでは見ることはできたが、地上波でのテレビ中継はなかった。

 背景には日本女子プロゴルフ協会(小林浩美会長)と、女子ツアーが不人気だった時代から支えてきたテレビ各局との対立がある。ここ数年、黄金世代、ミレニアム世代といった若手が活躍するようになり、にわかに女子プロブームが起きた。

 すると、財政基盤が脆弱な協会は、それまであいまいだった放映権の帰属を突然主張し、手っ取り早く高収益が望めるとテレビ各局にカネを払えと迫ったのだ。協会は各主催者が放映権帰属を認めてくれたとアナウンスしたが、実際は水面下でいまでも交渉が続けられている。

 小林浩美会長が強引に主導する放映権問題にファンは完全に置き去りにされているのが実態だ。

「協会は放映権問題で大きな勘違いをしている。大会のテレビ中継がなくても誰も困らない。ゴルフはそもそもプレーを楽しむ人がほとんどで、観戦を楽しむ人はそれほど多くはありません。それに一部熱烈ファンを除けば、カネを払ってまで見たいという魅力はハッキリ言って女子ツアーにはない。テレビ中継がなければいずれファンは離れていき、女子プロと契約するスポンサーも選手の露出がなければメリットがなくなり、負の連鎖から女子プロ人気も一気に下火になる。第一、誰でも気軽に見ることができるテレビ中継がなければゴルフ人気は広がらない。すごい記録が出ている、すごい選手が出ているのならまだしも、同一週開催の全米女子プロに比べても話題が乏しい」(ゴルフ評論家・宮崎紘一氏)

 今大会で一番の話題といえばキャディートラブルで、その次が優勝5400万円の高額賞金ぐらいだ。それではお金を払ってまで見たいという動機づけにはならない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ